再生可能エネルギー|脱炭素|

企業の脱炭素対策

脱炭素経営

「脱炭素経営」が企業に
とって今後必須に!

2020年10月26日、第203回臨時国会の所信表明演説において、菅義偉内閣総理大臣は「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」ことが宣言されました。国として、脱炭素に向けた動きが加速しています。
そして、ビジネスにおいても脱炭素は重要視され、脱炭素にむけた取り組みをしている企業が評価されるようになってきています。

企業が脱炭素に取り組むメリットは大きく3つあります。

業績向上

脱炭素への取り組みは新たな事業機会の創出につながります。結果として売り上げ向上につながります。

企業価値向上

脱炭素に向けた取り組みを実施することで、お客様からのイメージが向上し、自社のブランド力が向上します。

経費削減

省エネや再エネ設備を導入はCO2の削減になるだけでなく電気代をはじめとした自社の電気代削減につながります。

詳細はこちら

[再生可能エネルギー.com]とは

再生可能エネルギー.comは、太陽光発電、蓄電池、省エネ商材など再生可能エネルギーに関する情報を豊富に掲載している専門サイトです。
近年、脱炭素経営がビジネスにおいて重要視されていく中で、企業にどういったメリットがあるのか、具体的にどのような取り組みをすればよいのかを解説いたします。
また、再生可能エネルギーの導入事例や省エネに関する最新情報をお届けいたします。
脱炭素や再エネの最新情報はまず、下記の資料もしくはこちらのコラムをご覧ください!

3つのソリューション

再エネコラム

ALL


導入事例


お知らせ

ALL

  • 2022.09.16【分かりやすく】ピークカットとピークシフトの違いを解説GO
  • 2021.10.13サイトオープンGO