再生可能エネルギー|脱炭素|

自家消費型太陽光発電


電気は「売る」時代から「作る」時代へ!

自家消費型太陽光発電とは?

自家消費型太陽光発電「自家消費型太陽光発電」とはソーラーパネルを屋根または空いた土地等に設置し、作られた電気を自社で使用するモデルのことです。
太陽光発電は「投資」としてのイメージが強いかと思いますが、近年は、電気を売るよりも自社で使う方がメリットが大きくなっています。

自家消費型太陽光発電のメリット

1.電気代削減

自家消費型太陽光発電の導入により、電力会社から購入する電力を減らすことができるため、自社の電気代削減につながります。自家消費型太陽光発電導入による電気代削減効果の一例をご紹介いたします。

設置条件

設置容量 100kW
購入価格 1,700万円
購入電気代単価 16.5円/kWh
自家消費比率 70%
年間発電量 1,100kWh/kW

【電気代削減金額】
100kW✕16.5円✕1,100kWh/kW✕70%=1,1815,000円
【投資回収年数】
1,700万円÷181,5万円=9.37年

2.SDGs/RE100

自家消費型太陽光の導入はSDGsや再生可能エネルギー100%の達成に貢献します。また、太陽光発電導入により、CO2削減につながります。
近年は、SDGsやRE100への取り組みが企業の重要な評価指標の一つとなています。

3.非常時の電力確保

自家消費型太陽光を導入することにより、災害時に停電が発生しても電力を確保することができます。災害時に従業員を守ることにもつながりますし、非常時でも経営を継続することができます。
蓄電池と合わせて導入することで、さらに効果的に電力の確保が可能となります。

4.補助金活用

太陽光発電の導入の際は、補助金や優遇税制を活用することができます。
補助金を活用できればコストを抑えてシステム一式を導入することが可能となります。また、優遇税制が活用することで即時償却もしくは税額控除のメリットを享受できるため、自社の節税対策にもつながります。

自家消費型太陽光発電の導入事例

クリックで詳細をご覧いただけます。

ALL